ビダンザゴーストの悪評が気になる?ビダンザゴーストの悪評の裏には必ず真実がある!サイズ選びや着方を間違えていない?特にサイズは重要ポイントだった!

ビダンザゴーストの悪評に騙されるな!サイズ間違えてない?

加圧トレーニングについて

加圧トレーニングのメリットとデメリット!覚えておこう!

更新日:

加圧トレーニングとは、腕と脚の付け根にベルトによって圧力をかけた状態で血流を制限することにより、低負荷環境で短時間で効果を発揮することのできる筋力トレーニングのことを指します。

筋力アップだけでなく、疲労回復力のアップやアンチエイジング、ダイエット効果なども期待できる万能のトレーニング方法です。

ここでは、そんな加圧トレーニングを行うメリット・デメリットを解説していきます。

どちらの特徴も把握して、より効率よくトレーニングやダイエット・健康のための運動に活かしましょう。

まず大きなメリットとして、短時間で効果が得られる点が挙げられます。

加圧トレーニングは上肢制限で10分、下肢制限でのトレーニングで15分という最短25分で効果を出すことができます。

こんな短時間で効果が得られる理由は、血液が制限されることによって筋肉内が低酸素化されて起きる「速筋繊維群の強化」が主な条件として挙げられます。

また、加圧ベルトによって静脈側も強く制限され、血中の乳酸濃度が上昇して成長ホルモンが大量に分泌されることも見逃せません。
成長ホルモンは筋肉と骨の成長を促し、同時に脂肪を分解して血中に放出する働きを持ちます。

筋トレにおいてのメリットとしては、低負荷環境で筋力アップが図れるという点が挙げられます。

筋力アップには、高重量のものを適切回数持ち上げるのが最低条件となっていますが、筋肉に限りなく少ない負担しかかからない状態で楽に持ち上げられるというのは、効率が良いだけでなくモチベーションアップにも繋がります。

体力がない、筋力が足りないという方も身体への負担が最低限で運動できるため、女性や高齢者・トレーニング初心者など対象者が幅広いことも大きな魅力です。

血流が良くなることにより、健康面はもちろん肩こりや首・頭痛の解消にも繋がります。
血流が制限されることにより、血液が他に流れる場所を探し結果的に毛細血管が拡張されるからです。

さて、デメリットの方も見ていきましょう。

一番に挙げられるものとしては負荷の選択の難度が高いという点です。

負荷の場所や選択、そしてトレーニングメニューを誤ると上腕部など比較的基礎代謝量との関係が薄い部位に筋肥大が起こりやすくなります。

「腕だけ筋肉質になる」といったアンバランスな状態に陥りやすいのです。

正しいトレーニング方法を知って、慎重に行わなければなりません。

また、血流の制限にも細心の注意を払う必要があります。

血流量が少なくなるため、貧血気味の方は特に要注意です。

正しい方法を把握し、適切なメニューを分析しつつ実施していけば、これほど有益かつ効果的なトレーニング方法はありません。

デメリット部分も意識しながら、効果的にトレーニングをしていきましょう。

-加圧トレーニングについて

Copyright© ビダンザゴーストの悪評に騙されるな!サイズ間違えてない? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.